子供の食べ物の好き嫌いを改善するには

「ピーマンが嫌い」という子供は多いですよね。
他にもニンジン、ニラ、タマネギ、シイタケなど、においの強いものは嫌いになりがちです。
また、肉がダメ魚がダメと、ママを困らせる好き嫌いはいろいろあるでしょう。
目の下のふくらみを解消 老け顔

でもママが「うちの子はこれが嫌いだから」と、食卓に出さないのはよくありません。
嫌いだと決めつけないで、その食材のにおいを消したり、食べやすい調理法や味付けを工夫してみましょう。
食べられる食品の数を増やすには、まずは食卓に出すこと。
少しずつでも様々な食材の味を教えてあげたいものです。

食品の見た目が嫌で、そのまま食べず嫌いになってしまうこともあります。
新しい食品を子供に食べさせるときには、たとえ「食べたくない」と言っても、米粒くらいでもいいから食べさせるようにしましょう。
「これを食べると大きくなるよ。チャレンジしてみて」と、楽しく言葉かけをするといいですね。
シェイプアップ乳酸菌は効果なし 口コミ 評判

Comments are closed.