メールクラックツールを使うことによるリスク

メーラーの設定をダウンロードしたメールをサーバーに残す設定にしておかないと、大事なギャングオブヘブン 画像に関するメールが届いていないことで不審がられ、相手に気づかれることになる。

しかしながらこれを使うと、ログ等からすぐにバレてしまい、メールサーバーの持ち主や、自分が契約しているプロバイダーに怒られて、プロバイダーを強制退会させられるということもある。
また、これを使って不正に取得したパスワードでアクセスすると、不正アクセス禁止法に明白に抵触するのでくれぐれも絶対に実行しないように。

MailForceを起動して、POPサーバーとクラックしたいユーザー名を入力し、「Password Genaration」ボタンを押してクラック方法を設定することになる。

Comments are closed.