和食の基本を学ぶ

日毎に家族におかずも作っていても、
いったい我流の段取りは合理的なの?
と心もとなくなることも思ったよりある現象ではないでしょうか。
今さら他の人へ尋ねられないし…。
その様な基本的な心得に関してまとめて仕入れてみましょう。

大根・胡瓜などで作った一夜漬けは、
常に食卓へ出したい一品ではないでしょうか。
お新香を作る際に加える塩の量ですが、
食材を基準に2ないし3%程度がベストと言われます。
食塩だけで作っても十分ですが、可能であればこんぶ或いはトウガラシ、
または生姜なども同時に漬け込むと趣のある味わいとうまみ成分もでます。

魚独特の生臭さを除去する為にも、
要因となる血合ですとか魚脂を取り去りましょう。
更に、霜降り作り以外でも
塩と日本酒をかけるといった下準備のやり方が有効です。

おいしいご飯に辿り着くためにも
処理をしっかり行う気組みが肝心なのです。

一夜漬けを作るようになってから野菜が好きになった私は近頃、
リシリッチ 初回お試しキャンペーンに注目しています。

Comments are closed.